クイックマッサージで働く人に必要な資格とは?

クイックマッサージやリラクゼーションサロンに必要な資格は?

クイックマッサージという新しい形態のお店がここ数年で急速に増えました。
短時間、手足のもみほぐしやボディケアをしてくれるお店で、リラクゼーションサロンというような言い方もします。
有名なところでは、「ラフィネ」 「りらく」 「ベアハグ」「てもみん」などがあります。
ストレスの多い会社員から夜のお仕事の女性まで、ちょっとした時間を利用して疲れを取るのに便利なため、
需要が高まりお店の数も増え続けています。
その一方で、施術者が不足しているため、募集の広告を見ることも多いのではないでしょうか。
セラピスト募集の広告を見てみると未経験者でも大丈夫となっているところがほとんどです。
ここで、マッサージやボディケアをするのに資格が必要なんじゃないかと疑問を持つ人が多いようです。

 

クイックマッサージやリラクゼーションサロンで働くにあたって特別な資格は必要ありません

マッサージは有資格者でないとできません

しかし、マッサージという行為は国家資格を取得した人しかできません。
マッサージを業としてできるのは、「医師」と「あん摩マッサージ指圧師」だけです。
では、なぜクイックマッサージで無資格の人が働けるのでしょうか?

 

クイックマッサージはマッサージ店ではありません

クイックマッサージという言い方をするので、ややこしいですが、
ただ業態にマッサージという言葉が含まれているだけです。
国家資格を持たない人がマッサージをしたり、マッサージ行為を宣伝することは法律違反になります。
国がなぜマッサージやあん摩、指圧を有資格者に限ってるかというと、人の身体に危害を与える恐れがあるためです。
ですが、どこからどこまでがマッサージ行為なのか基準を示すのが難しいという実情もあります。

 

クイックマッサージは「診療所」や「医療機関」ではなく「リラクゼーション」を提供するお店です。
クイックマッサージで提供する行為は、身体の痛みを改善したりする「マッサージ」ではなく
あくまでも「くつろぎ」「癒し」「休息」を目的とした「手もみ」「足もみ」「ボディケア」行為なのです。

 

クイックマッサージで働くのに資格は必要ありませんが、この辺の事情を知識として持っていることは大切です。
また、無資格で働けるからといって、知識や技術が必要ないということではありません。
実際、リラクゼーションサロンやエステサロンでも、あん摩マッサージ指圧師の資格を持っている方がたくさん働いています。

 

知識と技術の取得

無資格でも知識や技術は必要ですいくら無資格で働けるからといって、人の身体に触れる行為であることに間違いないので、

身体に害を及ぼさないための正しい知識と技術の取得は必須になります。
たとえば、足のもみほぐしは、身体の血流を良くしてくれますが、血行が良くなることで心臓に負担をかけやすくなります。お客さんの状態によっては施術を断らなければならないケースもあるわけです。

 

最低限のことはお店の研修で教えてもらえますが、期間が短いので、
理解しきれなかったり足りないと思う部分は自分で補っていかなければなりません。
実際に働きだしてから疑問に思うこともたくさんあります。

 

クイックマッサージ業界の雇用形態は委託業務という形をとっているところがほとんどです。
これはどういうことかというと、一見会社でいえば上司と部下のように見えますが、実際は親会社と下請けの関係です。
特に完全歩合制のところなどは、ひとりひとりが個人事業主であり、お店に場所を借りて営業してるような感じです。
そのため、いったんお店に出るようになると、あまりまわりに教えてもらったりということができません。
忙しい店だとなおさらです。

 

本来でしたら、あん摩マッサージ指圧師の資格を取得するのが一番ですが
受講資格を得るのに期間が長く、試験科目もハードルが高くなります。
そのため、将来治療院を開業したいとか医療関係で働きたい人以外は、
民間資格を取得するのがきちんとしたスキルを習得する最適な方法と言えます。

あん摩マッサージ指圧師の取得

将来、本格的に指圧師になったり治療院の開業したい人は、国家資格の取得が必要になります。

 

国が認可した学校か専門学校を卒業すると受験する資格がもらえます。
(専門学校3年・大学4年・盲学校3〜6年)
国家試験は年に一回実施されます。
試験科目は以下の通り。

 

試験科目
医療概論(医学史を除く。)、衛生学・公衆衛生学、関係法規、解剖学、生理学、病理学概論、臨床医学総論、
臨床医学各論、リハビリテーション医学、東洋医学概論・経絡経穴概論、あん摩マッサージ指圧理論及び東洋医学臨床論
あん摩マッサージ指圧師国家試験の施行

民間資格の取得

日本能力開発推進協会 (JADP)の民間資格を取得
こちらは、法律上の効力はありませんが、きちんとした技術の取得ができる資格です。
就職に有利になることや、まわりとの技術力の差をつけることで指名客を増やすことも期待できます。
自分を気に入ってくれたお客さんが増えれば、自宅の一部屋を使って開業することも難しいことではありません。

 

リフレクソロジスト資格

リフレクソロジストの資格は、脳と神経、骨と筋肉、感覚器官、消化器官など身体のしくみの基本知識から、
フットとハンドのそれぞれの反射区などの専門的な知識とリフレクソロジー技術を備えたプロのセラピストであることを証明するものです。
癒し、美容関係のお仕事の方の技術として最適な資格です。
認定教育機関で4か月程度のカリキュラムを修了後、受験資格がもらえます。

 

リフレクソロジスト資格リフレクソロジストの資格でプロのセラピストに
技能審査の対象
人間の身体の仕組みに関する基礎知識
反射区に関する基礎知識
リフレクソロジー技術に関する職業能力

 

学習範囲
・身体の仕組み
・ハンドの反射区の基礎知識
・フットの反射区の基礎知識
・リフレクソロジーテクニック
・段階的トリートメント

 

受講資格を得るための認定講座
※この講座を修了するとアロマテラピストの受験資格も得ることができます。

 

リフレクソロジストの資格でプロのセラピストにリフレクソロジスト資格は技術的には手足のケアが中心です。
特に足は人の身体に影響を及ぼす特殊なスイッチが集中しています。
タイ式リフレクソロジーなども足を中心に行うように最も大事な部位です。

 

余裕があれば
リンパケアセラピスト整体ボディケアセラピストなどの資格も持っているとなお安心でしょう。


Pagetop